Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/monokoko/teraplot.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293
BUYER ASIST(バイヤーアシスト)は、あなたのBUYMA(バイマ)でのめんどうな出品を100倍時間を短縮するツールです。
手厚いカスタマーサポートで最高利益更新者、多数輩出中。

自動出品ツールでBUYMAのサイズを入力する方法は?

ここでは自動出品ツールでBUYMAのサイズの入力方法を説明します。

サイズ展開の入力方法は主に2パターンです。

  1. BUYMAにある国のサイズ展開をクリックする方法
  2. 手入力で任意のサイズ展開を入力する方法

1:BUYMAの国別のサイズを選択

例えば国の名前を選択してサイズ展開の入力を早く済ませたい場合は国の名前を

出品シートの「サイズ」に入力してください。

BUYMAサイズ

上の画像の場合はイギリスを選択しています。

出品シートで「イギリス」を選択するとBUYMAの「サイズガイドからサイズをコピー」の「イギリス」をツールが選択します。

BUYMAサイズ

BUYMAの出品画面ではこの様になります。

BUYMAサイズ表

国名の選択はトップス・ボトム・ワンピースなどで利用できます。

国名を指定する方法は時間をかけずに簡単に出品できるのでたくさん出品をされる方は国名を選択する方が多いです。

国名サイズがないカテゴリー

一方、バッグやアクセサリー、スマホケース、家具のように国名でのサイズ展開がBUYMAに無いカテゴリの商品は国名で選択できないためエラーが発生します。

ONE SIZEや、カテゴリーに合ったサイズ選択をしてください。

BUYMAサイズ展開国名なし

2.手入力で任意のサイズ展開を入力する方法

FREE SIZE ・ONE SIZE の入力方法

ドロップダウンメニューから FREE  SIZE や ONE SIZE を選択してください。

BUYMAフリーサイズ

選択すると

ONE SEIZE
M

1行目に「ONE SEIZE」
2行目に「M」と表示されています。

2行目は選択したい「参考日本サイズ」を指定します

検索用サイズ

標準ではMになっていますが指定したい場合は「参考日本サイズ」から選択してください。

カテゴリによって「指定なし」「00cm」「S」「M」「L」などのパターンがあります。

参考日本サイズに「XS」「XL」と入れてエラーが出ました!とお問い合わせをよく頂くことがあります。

BUYMA参考サイズ

しかし、「XS」「XL」というサイズはBUYMAに無いことにご注意ください。

バリエーションの入力方法

「バリエーションあり」を選択した場合、入力するところが4箇所あります。

  1. 単位
  2. サイズ名
  3. 参考日本サイズ
  4. サイズ詳細

BUYMAサイズ指定

出品シートに入力する時は

1行目に単位を入力します。

2行目以降はカンマ区切りで「サイズ名」「参考日本サイズ」を入力します。

上記の画像だと

cm
UK34,XS以下

と入力します。

上の例では分かりやすいように単位をcmに設定していますが、「指定なし」を利用することが多いです。

「サイズ名」の欄を見ると「UK34cm」という意味の分からない表示になっています。

なので、UK、US、ITなどの海外サイズの場合は1行目の「サイズ名」を「指定なし」にします。

指定なし
UK34,XS以下

※ 選択項目以外の値を入力すると、スプレッドシート上で「無効」と出ますが出品ツールでは問題なく動作します。

BUYMAサイズ入力無効

バリエーションあり でサイズ詳細を入力したい場合

1行目に単位を入力します。

2行目以降は先程の「サイズ名」「参考日本サイズ」に加えて、「サイズ詳細」をカンマ区切りで追加します。

指定なし
UK34,XS以下,55,40,80,40

「サイズ詳細」を追加すると下記のようにツールが入力を行います。

BUYMAサイズ

※サイズ詳細の入力の順番はカテゴリによって異なります。BUYMAの出品画面をご確認ください。

バリエーションなし でサイズ詳細を入力したい場合

バリエーションなしの入力方法はこんな形式でしたね。

ONE SEIZE
M

2行目に入力したいサイズの詳細をカンマ区切りで追加するだけです。

ONE SEIZE
M,10,20,30

上記の入力結果はこのようになります。

BUYMAサイズ入力方法

サイズ詳細で飛ばしたい項目がある時はどうする?

飛ばしたい項目がある時はカンマを続けて入力すれば大丈夫です。

例えば先程のサイズ詳細で胸囲 80cmだけを飛ばしたい場合。

指定なし
UK34,XS以下,55,40,80,40

このように入力します。

指定なし
UK34,XS以下,55,40,,40

複数サイズ入力する場合

複数サイズ入力する場合は3行目以降も2行目と同じようにカンマ区切りで入力していきます。

指定なし
UK34,XS以下
UK36,S
UK38,M

※ 最大20サイズまで登録できます。

サイズ詳細を入力する場合も同じ入力方法です。

指定なし
UK34,XS以下,55,40,80,40
UK36,S,57,42,82,42
UK38,M,59,44,84,44

※ サイズ詳細の入力は時間がかかるのでたくさん出品する場合は省略される方が多いです。

参考日本サイズについて

BUYMAはカテゴリによって「参考日本サイズ」が変わります。

出品時にサイズの選択でエラーが出る場合は出品したいカテゴリの「参考日本サイズ」をご確認ください。

参考日本サイズ参考日本サイズ1

 

できるだけサイズ展開を簡単に入力したい

サイズ展開を細かく設定するのはとても大変です。

できるだけ時間をかけずに出品したい方が使っている方法をいくつかご紹介します。

1.国名のサイズ展開を利用する

国名のサイズ展開なら予めBUYMAに設定されているサイズ展開をそのまま利用できるので入力がとても楽になります。しかし、中には使えないカテゴリもあるので注意が必要です。

2.全てONE SIZEにしてしまう

サイズ展開は全て ONE SIZE にしてしまい、テンプレートで商品コメントや補足説明に

「ご注文時にサイズをご連絡ください。」

と書く方法があります。

カテゴリによて検索用日本サイズが異なる場合がありますが、パターンはそれほど多くないのでこれなら入力がかなり楽になります。

3.「お問い合わせ」というサイズ展開を作る

2.で紹介した方法のONE SIZEを使わないパターンです。

具体的には

指定なし
お問い合わせ,M

のように書きます。これも2.とやっていることは同じですが、サイズの表示がONE SIZEから「お問い合わせ」に変わります。この部分の文字はお客さんが分かりやすいように任意で設定してください。

4.予めサイズ展開を用意しておく

国名のサイズ展開が利用できないときに備えて、カテゴリごとに使うサイズ展開を「選択項目」に追加しておきます。

アクセサリーは国別のサイズが無いので、例えばスマホケースを販売している場合

指定なし
iPhone6,指定なし
iPhone7,指定なし
iPhone8,指定なし

のように事前に選択項目を作成しておけば毎回サイズ展開を入力する手間を省くことができます。

在庫の有無を選択したい場合の設定方法については下記の記事をご参照ください。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.