BUYER ASIST(バイヤーアシスト)は、あなたのBUYMA(バイマ)でのめんどうな出品を100倍時間を短縮するツールです。
手厚いカスタマーサポートで最高利益更新者、多数輩出中。

【BA】BUYMAの出品を細分化 Vol.11

BUYMAの出品を細分化

こんにちは、BUYER ASSIST(バイヤーアシスト)の寺本です。

昨日は確実に、目標を1つ1つ達成するために、目標を細分化してみようというお話でしたね。

さて、昨日は1つ宿題をお出ししました。

「1日33出品」という目標をどう細分化するか
自分なりに考えてみられましたか?

今日は「1日33出品」という目標の細分化の例をご紹介します。
「例」なのは明確な答えは無いからです。

あなたが今取り組んでいる
BUYMA活動は副業でありながら
それはビジネス(仕事)です。

ビジネスの世界に「明確な答え」というものはありません。
強いて言えば「やってはいけないこと」
みたいなものはありますが、

「OOをしたから必ず成功する!」
「OOをしたから必ず売れる!」
「OOをしたから必ず利益が出る!」

というものはありません。
そんなものがあったらみんなやります。

ビジネスの世界は手探りです。
稼げる人になるというのは
トライ&エラー(試行錯誤)を繰り返して「自分なりの答え(最適解)」を見つけて実行していくプロセスです。

なので、人の答えを求めてはいけません。
誰かにとっての最適解は
あなたにとっての最適解とは限りません。

人それぞれ状況や状態、能力や環境が異なります。自分にとっての最適解は何かを考えるようにしましょう。

小学生が算数でもっといい点数を取れるようになりたい!と思ったとします。

小学1年生が6年生のドリルをやっても
意味不明な時間を過ごすだけです。

逆に小学6年生が1年生のドリルをやっても
簡単すぎて何の役にも立ちません。

人それぞれ状態が異なるので自分なりの答えを見つけるようにしましょう。

話がずいぶん脱線してしまいましたが
「1日33出品」をどう細分化するかの話しに戻りましょう。

一例のご紹介です。
私は1出品あたりに細分化することにしました。

1出品するにはどれだけ時間がかかるのか?

ストップウォッチを用意して実際に1出品
するのにかかる時間を測ってみましょう。

計測するときにリサーチをするところから測るのか
仕入先の商品ページを開いたところから測るのかなど

測り方の条件を変えると結果がもちろん変わります。

これも答えが無いので自分が
1出品あたりの時間を1番正確に測れそうだと思う方法で測ってみてください。

参考までにツールを使って出品する場合は
出品ボタンを押すまでの時間を測ってみてください。

※ ツールが動いている間は自分の時間が拘束されず他のことができるからです。

それでは実際に1出品にかかる時間を測ってみましょう。

ストップウォッチはこちらにあります。
https://stopwatch.onl.jp/


続きはこちら

【BA】BUYMAに1出品する時間は? Vol.12


まだ、BUYER ASSISTの出品ツールをご購入でない方はこちらをご覧ください。

出品ツールをご契約いただくと全てのメルマガとその他、多数の特典がございます。

BUYMA(バイマ)自動出品ツール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください