BUYER ASIST(バイヤーアシスト)は、あなたのBUYMA(バイマ)でのめんどうな出品を100倍時間を短縮するツールです。
手厚いカスタマーサポートで最高利益更新者、多数輩出中。

【BA】BUYMAの画像加工を時間短縮する方法 Vol.14

BUYMA(バイマ)出品速度

こんにちは、BUYER ASSIST(バイヤーアシスト)の寺本です。

あなたは画像加工に時間がかかる原因や、
その解決策を見つけられましたか?

今回は前回に引き続き
出品時間がかかりすぎる問題の解決方法の2回目です。

便利なアプリや今まで知らなかったサービスも紹介しています。

画像加工に時間が取られすぎて
出品に時間がかかってしまった方向けにお話をしていきます。

画像加工に時間がかかる原因は

・画像加工をするアプリケーションの使い方画に慣れていない
・画像加工の内容が複雑すぎる
・画像を取ってくるのに時間がかかってしまった

などがあります。
細かいことをいえばキリがないので3つに留めておきます。

今日はそのうちの2つについてお話をしてきます。

一緒に解決方法を考えていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
画像加工をするアプリケーションに慣れていない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アプリケーションの使い方の慣れの問題なので一言で言ってしまえば慣れるしか無いのですが、

アプリによって使い方や作業効率が異なるのでここではどんな選択肢があるのかをご紹介します。

【1枚ずつこだわって加工したい方向け】

人それぞれ画像加工の内容は異なるので
自分にあったアプリケーションを見つけられると時間短縮できるようになります。

画像加工を行うアプリケーションは実にたくさんあります。

定番の画像加工ソフトはフォトショップですが、慣れるまで操作が難しかったり、
思うように画像加工ができず時間がかかってしまいます。

フォトショップと似たソフトで
無料で使えるGIMPというアプリケーションがあります。

どちらも慣れるまで時間がかかりますが、
凝った画像加工をするには最適なアプリケーションです。

画像加工にスマホやタブレットのアプリを使うというのも一つの方法です。

メッリトは外出先でも画像加工ができるので家に帰ったときに画像をPCに転送して
すぐに出品できます。

スマホの画像加工アプリは直感的に操作できるものが多いです。

パソコンが苦手な人でも簡単に画像を組み合わせたり、人に画像を勝手に使われないようにするために自分オリジナルの文字やロゴを入れられます。

もしタブレットを持っているならスマホよりタブレットの方が画面が広い分、使いやすいので作業効率が上がります。

パソコン・スマホどちらでも簡単に使える
便利なFotorというオンラインサービスがあります。
https://www.fotor.com/jp/

PhotoshopやGIMPほど難しく無くて
パソコンが苦手な方でも利用しやすいサービスです。

【一気に加工したい、サクッと加工したい方向け】

通常の画像加工ソフトは1枚の画像をどう作るか
ということに焦点を当てたアプリですが、
BUYER ASSISTでは大量の画像を時間をかけずに画像加工することに焦点当てた

・一括画像加工ツール
・こだわり画像加工ツール

を提供しています。

BUYMA用に開発した画像加工ツールなので100商品分の画像加工を数クリック、数秒で終わらせられます。
とにかく速いです。

その代り、1枚の画像を丹精込めて綺麗に仕上げることは苦手です。

商品にもよりますが、BUYMAに出品するには必要十分な綺麗さは実現できますのでぜひ

・一括画像加工ツール https://goo.gl/rZqn34

・こだわり画像加工ツール https://goo.gl/hbsdHA

もご覧いただければと思います。

※ どちらかで迷ったからこだわり画像加工ツールの方ができることが多いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
画像加工の内容が複雑すぎる】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

画像加工の内容が複雑すぎる場合は
その濃度の画像加工が本当に必要かを考えましょう。

1出品あたりの時間を短縮することだけを考えていると、画像加工に時間を掛けることが悪いように感じてしまいます。

しかし、そうではありません。
適切なところで適切な時間を使うことが正しいのです。

1枚の画像加工に1〜2時間掛けることだって時にはあります。

ただ、今やっている画像加工が本当に必要な画像加工なのか、ということは意識してください。

まず1枚に何時間も掛ける画像加工は
在庫を持っている商品や、売れることが分かっていて、画像加工によってその商品の売れ行きが変わることがはっきりしている場合です。

売れるかどうかわからない商品にたくさん時間を使って、結局売れなかったらその時間はただの無駄な時間です。

そもそも画像加工は何のためにするのでしょうか?
商品を売れやすくするためですよね?

今やっている画像加工をすることでどれだけ売れやすくなるのかを考えながら時間を使いましょう。

BUYMA活動ができる時間は有限です。

画像加工ので商品が売れやすくするのと
1品でも多く出品して売れやすくするのとでは

どちらの方が受注を増やせるかを意識しながら時間配分をしましょう。

そのことを常に心に留めながら
どこまで画像加工をするのが最適なのかを探ってみてください。


続きはこちら

【BA】BUYMAの画像加工を時間短縮する方法 Vol.15


まだ、BUYER ASSISTの出品ツールをご購入でない方はこちらをご覧ください。

出品ツールをご契約いただくと全てのメルマガとその他、多数の特典がございます。

BUYMA(バイマ)自動出品ツール

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください