BUYER ASIST(バイヤーアシスト)は、あなたのBUYMA(バイマ)でのめんどうな出品を100倍時間を短縮するツールです。
手厚いカスタマーサポートで最高利益更新者、多数輩出中。最終更新:

BUYMAの画像加工で使うロゴや枠をGoogle図形描画で作ろう!

画像加工ツールで使うロゴの作り方を説明していきます。

この記事を最後まで読むと誰でも簡単に画像加工ツールで使うロゴ画像や枠を作れるようになります。

読み飛ばすと分からなくなることがあるので一つずつ丁寧に確認をしながら進めていきましょう。

Google図形描画とは

Google 図形描画はインターネットに接続していれば誰でも使える画像加工ツールです Windows や Mac からでも利用できます。

Google図形描画のインストール方法

パソコンの場合は Google Chrome でこちらのリンクを開きます。

https://chrome.google.com/webstore/detail/google-drawings/mkaakpdehdafacodkgkpghoibnmamcme?hl=ja

Chrome に追加を押せばインストール完了です 。

Google図形描画をインストール

次回からは Google Chrome のブックマークバーの左端にあるAppsをクリックすると Google 図形描画を開けます。

Apps

Google図形描画の使い方

キャンバスのサイズを設定する

「ファイル」から「ページ設定」を開きます。

Google図形描画のページ設定

今回は 1000 × 1000ピクセル の画像を作りたいので「カスタム」からこのように設定し、「適用」をクリックします。

Google図形描画キャンパスのサイズ設定

枠を作る方法

1.図形から四角の図形を選択します。
2.四角の内側の塗りつぶし無くします。(透明にします)
3.四角の縁の色や太さを調整します。
4.四隅を調整して適度な大きさに変更します。

枠の作り方

ロゴの背景を透明にする方法

Googleの画像検索で「ブランド名 logo」で検索するとブランドのロゴをダウンロードできます。

例「ASOS logo

ブランドによってはBUYMAでロゴを使うことを禁止されていることもあります。

自分が出品したい商品がBUYMAでどのように出品されているかを確認してからロゴを画像加工に利用するか決めましょう。

ロゴをダウンロードできたらロゴの背景を透過します。白い背景が入っていると画像の上にロゴを載せた時に白い部分が商品画像にかぶってしまいます。

remove.bg というサイトにアップロードすると背景の白い部分を透明にすることができます。背景が透明になった画像ファイルをダウンロードします。

ロゴの背景を透過

ロゴを入れる方法

背景を透過したロゴを Google 図形描画の上にドラッグします。ロゴを好みの位置と大きさに移動させます。

Google図形描画にロゴを入れる

 

ワンポイントを入れる方法

他のバイヤーに自分の商品画像をダウンロードして勝手に使われないようにするために自分のアカウント名や透かしを入れるて、自分の画像であることがわかるようにすることがあります。

そういった画像加工をするには

1.挿入 から ワードアート を選択する
2.色・濃さ(透明度)を調整する
3.縁の色・濃さ(透明度)を調整する
4.フォントを変える
5.大きさ・場所を決める

透明度を調整することが大切です。透明度を下げておかないと画像の上にハッキリとした文字が載ってしまいます。透明度は塗りつぶしの「カスタム」を選択すると調節できます。

Google図形描画で透かし作成

Google図形描画で作った画像をダウンロードする

Google 図形描画で作った画像をダウンロードします。

画面左上のファイルからダウンロード 「PNG画像」でダウンロードします。

Google図形描画でPNGダウンロード

※ 「PNG画像」 以外を選択するとせっかく透明にした背景の部分が真っ白になってしまいます。その画像を商品画像の上に乗せると商品画像が全く見えなくなります。

枠・ロゴファイルを使って画像加工をしてみよう!

画像加工ツールをでこのロゴファイルを使う時は「ロゴ」のところにダウンロードしてきPNG画像を選択します。

BUYMA画像加工ロゴ

ダウンロードした枠・ロゴファイルを画像加工に使ってみるとこのような画像加工になります。

複数枚を合成した場合

BUYMA画像加工ツールで複数画像加工

1枚だけの画像にロゴファイルを乗せた場合

BUYMA画像加工ツールで単品画像加工

黒色の枠とロゴと透かし(ASSIST)が入っていることが確認できます。

これならライバルに勝手に自分の商品画像を使われる心配もありませんね。

もし勝手に自分の商品画像が使われてしまった時でもBUYMAに通報できます。

どんな画像加工をすればいいの?

今回はサンプルだったのでロゴファイルを簡単に作りましたが、おしゃれでカッコいい画像加工をするにはどうすればいいでしょうか?

その答えはBUYMAを見ることです。

BUYMA商品一覧

BUYMAでライバルがどんな画像加工をしているかを見てマネすることから初めましょう。

マネしているうちに自分でもアレンジを加えられるようになり、よりより画像加工ができるようになります。

SNSでもご購読できます。