BUYER ASIST(バイヤーアシスト)は、あなたのBUYMA(バイマ)でのめんどうな出品を100倍時間を短縮するツールです。
手厚いカスタマーサポートで最高利益更新者、多数輩出中。

BUYMA(バイマ)ツール必須アプリのインストール方法 for Mac

初回のみアシストのツールを動かすために2つの必須アプリのインストールが必要です。 インストールするものはこの2つです。

JavaGoogleChrome 

この2つのアプリがツールとどんな関係で動くのかをまとめたのが下の図です。 Google ChromeとJavaの図解 ツールはJavaというプログラミング言語で動いているので、まずJavaをインストールします。そうするとJavaでできたツールが動くようになります。 ツールからGoogle Chromeを自動で操作してBUYMAに出品!という流れになっています。

なお、すでにJavaやGoogle Chromeがお使いのパソコンにインストールされていればこの工程は省き、次に進んでください。

 

BUYMA 自動出品ツールの目次に戻る

BUYMA モデリングツールの目次に戻る

まずは下の動画をご覧ください。

このページで書かれている必須アプリのインストール方法が集約されています。

※ 以前はFirefoxを利用していましたが、現在はGoogleChromeを利用しています。 ※ Firefoxのインストールは不要です。GoogleChromeのインストールをお願い致します。

1.GoogleChromeのインストール方法

既にGoogleChromeをご利用の方はここをスキップしてJavaのインストールに進んでください。

GoogleChromeのダウンロードページを開きます。

ダウンロードボタンをクリックします。

GoogleChromeダウンロード

GoogleChromeのダウンロードが終わったらダウンロードフォルダのgooglechrome.dmgを開きます。

このような画面が出てくるので、GoogleChromeをアイコンをアプリケーションフォルダーにドラッグします。

この時、そのままアプリ(Google Chrome)を開いてしまう人がいますが、その状態ではMacにアプリはインストールされていません。これは基本的なMacの使い方なので他のアプリをインストールする時に覚えておくと便利です。GoogleChrome これでコピーが完了すればGoogleChromeのインストールは完了です。

2.   JAVAのインストール方法

ここからJAVAをダウンロードします。 ダウンロードフォルダにjre-8u201-macosx-x64.dmgというファイルが保存されるのでこれを開きます。

スクリーンショット 2015-09-29 5.50.50

ダンボールのアイコンが出てくるのでこれをダブルクリックで開きます。 スクリーンショット 2015-09-29 5.51.05

続けるをクリックします。 スクリーンショット 2015-09-29 5.55.53 このコンピュータのすべてのユーザー用にインストールを選択し続けるをクリックします。 スクリーンショット 2015-09-29 5.56.11 Macのユーザー名とパスワードを入力します。 スクリーンショット 2015-09-29 5.56.27 この時点でJavaのインストールが完了しました。 スクリーンショット 2015-09-29 5.56.54 この状態で出品ツールをダウンロードして起動するとうまくいく場合とそうでない場合があります。

 

※ ツール起動時に「開発元が未確認のため開けません」と表示されるので解決方法はリンク先をご確認ください。

「開発元が未確認のため開けません」と表示された時の解決方法

 

出品ツールをダウンロードしてツールが起動するかを確認してください。

ツールが起動できた方は 出品ツールマニュアルの「2.自動出品ツールをダウンロード」でツールの画面の見方などを説明しているので続きをご確認ください。

出品ツールが起動できない場合

Macには古いJavaが標準でインストールされているので、今インストールしたJava 1.8に切り替える必要があります。

1分で終わるのでもうしばらくお付き合いください。 画面右上の虫メガネで「ターミナル」と検索します。 黒い四角いアイコンのアプリケーションが出てくるのでこれを開きます。 スクリーンショット 2015-10-28 17.20.48 白い画面に文字だけしか書かれていないのでなんなのこれ?ってなりますが、大丈夫です! 作業はコピーアンドペースト1回で終わります。 スクリーンショット 2015-10-28 17.21.20

↓export から-version までコピーして下さい。

export JAVA_HOME=`/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Commands/java_home -v “1.8”`
PATH=${JAVA_HOME}/bin:${PATH}
java -version

Javaを動かすための呪文です。 ターミナルに貼り付けてエンターを押します。 スクリーンショット 2015-10-28 17.21.35 何やら謎の文字が出てきましたが、大丈夫です。

見ていただきたいのは赤い点線のところだけです。 java version “1.8 xxx” となっていればOKです!

※ 1.8より大きい数字が表示されることがありますが、1.8以上の数字であれば大丈夫です。

これでMacでもJavaが使えるようになりました!

 

windows-media-player-back-button_tBUYMA 自動出品ツールマニュアルに戻る

windows-media-player-back-button_tBUYMA モデリングツールマニュアルに戻る

windows-media-player-back-button_tBUYMA 画像加工ツールマニュアルに戻る