BUYER ASIST(バイヤーアシスト)は、あなたのBUYMA(バイマ)でのめんどうな出品を100倍時間を短縮するツールです。
手厚いカスタマーサポートで最高利益更新者、多数輩出中。

BUYMA(バイマ)ツール必須アプリのインストール方法 for Windows

初回のみBUYMA 出品ツール・モデリングツールを動かすためにアプリのインストールが必要です。

インストールするものはこの2つです。

JavaGoogleChrome

この2つのアプリがツールとどういう関係で動くのかをまとめたのがこちらの図です。

Google ChromeとJavaの図解

ツールはJavaというプログラミング言語で動いているので、まずJavaをインストールします。そうするとJavaでできたツールが動くようになります。

ツールからGoogle Chromeを自動で操作してBUYMAに出品!という流れになっています。

 

まずは下の動画をご覧ください。このページで書かれている必須アプリのインストール方法が集約されています。

※ 以前はFirefoxを利用していましたが、現在はGoogleChromeを利用しています。

※ Firefoxのインストールは不要です。GoogleChromeのインストールをお願い致します。

 

BUYMA 自動出品ツールの目次に戻る

BUYMA モデリングツールの目次に戻る

BUYMA 画像加工ツール登録フォームに戻る

目次

1.インストーラーのダウンロード
2.圧縮ファイルを解凍
3.Javaのインストール
4.GoogleChromeのインストール

1.インストーラーのダウンロード

Javaはインストール時に設定が必要なので簡単に設定ができるインストーラーをご用意させていただきました。

下記インストーラーよりダウンロードをお願いいたします。

 ↓ここをクリック

ZIPファイル


1.インストーラーのダウンロード
2.圧縮ファイルを解凍
3.Javaのインストール
4.GoogleChromeのインストール

2.圧縮ファイルを解凍

保存先を聞かれた場合は分かりやすいようにデスクトップに保存して下さい。
(自動で保存される場合は一般的にダウンロードフォルダーの中に保存されます。)

installer.zipというファイルができます。アイコンの真ん中に少しグレーがかったジッパーの絵がついているファイルをZIPファイルと呼びます。

このファイルは圧縮ファイルなので解凍しないと利用できません。解凍法はこちらの動画をご覧ください。

 

解凍されたフォルダは下の画像のようになっています。

解凍済みのフォルダを開いてください。

ZIPファイル


1.インストーラーのダウンロード
2.圧縮ファイルを解凍
3.Javaのインストール
4.GoogleChromeのインストール

3.Javaのインストール

その中の「 java_install.bat」をダブルクリックするだけでインストールが始まります。

java_install.bat が歯車のマークになっていない場合

警告が出てJavaのインストールが出来ない場合

Windows Javaインストール

このような警告画面が表示されますが、「はい」や「OK」を選択して進めてください。

java_install ともダブルクリックをすると警告が出ます。

警告がでても正常なので慌てなくても大丈夫です。「はい」や「OK」をクリックしてください。

※ インストール状況によって表示される内容が異なる場合があります。

Windows Javaインストール時の警告
Windows 警告1
Windows 警告2
Windows 警告3

黒い画面が出てくるのでインストールが終わるまでパソコンをさわらないで下さい。

Windows Javaインストール画面

「続行するには何かキーを押してください」と表示されたらインストール完了です。

何かキーを押すと黒い画面が閉じます。

Windows Javaインストール画面2

黒い画面が一瞬で消えてしまう場合

この時黒い画面が閉じたりしてうまくインストール出来ない場合はウイルス対策ソフトが働いている可能性があります。

Javaインストールする時だけウィルス対策ソフトの停止をお願いいたします。

「ウィルス対策ソフト名 停止 方法」で検索してみると停止方法が見つかります。

ウィルス対策ソフトは停止した後に再起動をしないと変更が適応されない場合が多いです。

ウィルス対策ソフトを停止し、再起動をしてからJavaのインストールを行ってください。

ウィルス対策ソフトが止まらない場合は下記の方法でJavaのページからインストーラーをダウンロードしてインストールを行ってください。

警告が出てJavaのインストールが出来ない場合

インストーラーをJavaのサイトからダウンロードして、Javaのインストールを行います。

  1. Javaのダウンロードページを開きます。
  2. Accept License Agreementにチェックを入れます。
  3. Windows x64 のところからダウンロードします。

あとはダウンロードしたインストーラーをダブルクリックしてインストールを行います。

※ インストール後、ツールのアイコンが真っ白のアイコンだったり、IEのアイコンの場合は下記のJavaのアイコンが変わってしまった場合をお試しください。

Javaのアイコンが変わってしまった場合
ツールがダブルクリックで開かない、起動しない時

通常であればツールは下記のようなアイコンになっています。

Javaアイコン

Javaのインストールがうまくできていない場合や、長い間ツールを利用しているとパソコンの設定が変わることがあります。

Java(ツール)のアイコンがIEや真っ白のテキストファイル、圧縮ファイルのアイコンに変わっているとダブルクリックをしたときにJava以外のアプリケーションで起動してしまいツールを利用することができません。

もしくは、アプリケーションを選択してください。という画面が表示されます。

そういう時は、

  1. このページからInstallerをダウンロード
  2. Installer.zip を解凍
  3. FileExtsをダブルクリック

してください。

これでツールを起動するアプリケーションがJavaに変わり、ダブルクリックでツールを起動できるようになります。

【Javaのアップデートについて】

Javaをインストールすると定期的に「アップデートがあります」と画面の右下に出てきます。随時アップデートを行ってください。


1.インストーラーのダウンロード
2.圧縮ファイルを解凍
3.Javaのインストール
4.GoogleChromeのインストール

4.GoogleChromeのインストール方法

既にGoogleChromeをご利用の方はここをスキップして進んでください。

GoogleChromeのダウンロードページを開きます。

ダウンロードボタンをクリックします。

GoogleChromeダウンロード

GoogleChromeのダウンロードが終わったらダウンロードフォルダの googlechrome.exe を開きます。

出てくる画面を順番に進めていけばGoogleChromeのインストールは完了です。

ここまでできればBUYER ASSIST必須のアプリのインストールは完了です!


BUYMA 自動出品ツールのマニュアルに戻る

BUYMA モデリングツールのマニュアルに戻る

BUYMA 画像加工ツール登録方法に戻る